時間15:00~15:45
所属

琉球大学農学部亜熱帯生物資源学科 准教授

氏名高良 健作 氏
会場D会場
prof_img_32

略歴

1996年 沖縄県職員に採用,食品衛生監視員として勤務。1998年5月琉球大学農学部助手に採用。2003年鹿児島大学にて博士(農学)を取得。2007年4月に配置換えにより助教,2008年3月より現職。講義として食品機能化学,食品安全化学を担当。沖縄で収穫される野菜や果物の食品機能性を中心に研究中。上級健康食品管理士。

内容

自ら育てた農産物を自らで加工・販売する農業の6次産業化は,安全で安心な食の提供をめざした活動の一つに捉えられている。農業の6次産業化は,農場から食卓に届くまで全工程にわたる食品衛生管理技術も同時に要求されるものであり,片時もおろそかにすることはできない。ここでは6次化のための食品づくりに必要な食品衛生管理について概説する。