時間11:10~11:50
所属

琉球大学 農学部 教授

氏名内藤 重之 氏
会場A会場
a04.jpg

略歴

1967年岡山県生まれ、大阪府育ち。
大阪府立大学大学院農学研究科博士後期課程を中退後、大阪府の農業試験研究機関を経て、2007年から琉球大学農学部准教授、2012年から教授。
2018年から農学部附属亜熱帯フィールド科学教育研究センター長、2019年から副学部長。

内容

少子高齢化が進む中で、わが国の社会経済状況は大きく変化している。それに伴って、食に対する消費者のニーズや生産・流通の現場も変貌しているが、今後はこのような傾向がより顕著になるものと考えられる。
そこで、近年におけるわが国の社会経済状況の変化と今後の動向を整理するとともに、野菜・果実の需給および流通の変化とそれらへの対応方策について検討する。