沖縄ニュース 沖縄県の農水産業の課題 「6次化商品開発」

生産者が豊かな地域資源を活用し、加工・販売等の付加価値の創造に取り組む6次産業化が、全国で拡がっています。昨今では、最終商品のみならず、国産加工原料として加工業者や小売業者等に提供し、連携して個性ある商品開発に取り組む等の事例も増加しています。

沖縄県には、食~美容・医療まで応用可能な個性ある食材を多数有しており、観光、輸出産業等も背景に、全国でも6次産業化の推進に適した地と云えます。

沖縄県では「6次産業化人材育成活性化事業」として、専門家による個別指導や補助金等、沖縄県も支援に取り組まれています。

沖縄の個性ある農水産物と最新の技術・アイデアが融合すれば、観光や輸出産業につながる商品開発が大いに可能であり、開発を促す技術や機器の提案が求められています。