沖縄ニュース 沖縄の特産品の可能性

沖縄県産品であるシークワーサー飲料は、県外市場へ最も多く売れている商品の1つですが、「持ち帰るには重い」等との理由から沖縄で購入するお土産の売れ筋上位には入っていません。他県では、同じ柑橘類の柚子やカボス関連商品は、ジュースは勿論、ジャム、マヨネーズ、七味・胡椒等の調味料、クッキー、ゼリー、美容オイル等、多岐にわたって商品化され、販路を拡げています。シークワーサーは間違いなく大ヒット商品に成り得る可能性があることから、飲料に代わる関連加工商品の開発が求められています。

沖縄には、 黒糖や紫いも等の商品の多様化が求められる特産品に加え、栄養豊富だが商品化があまり進んでいない沖縄ならではの農産物やフルーツがあります。

デザイン豊かな包装資材、持ち運びしやすく輸送が容易になるフリーズドライやパウダー技術、飲料やサプリ等の健康・美容商品に加工する技術等、皆様がお持ちの技術・アイデアを沖縄の皆様へご提案ください。