沖縄の農水産業ニュース1月25日号

「出展者と生産者をツナグ、ブースの設置」

来場者の皆さまが、出展者の皆さまの商品に関心をいだいた後、購入を検討するにあたって適した補助金等の有無や申請等をアドバイスするブースが、沖縄県の外郭団体の協力により、会場に初めて設置される予定です。出展者の皆さまにも有益な情報が得られる可能性も有りますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。詳細は、近日中に発表いたします。

 

「沖縄県の感染者は既にピーク、減少に向かうか」

1月24日(月)のコロナウィルス感染者数は、611名で、1月15日(土)の1,829人をピークに徐々に減少傾向にあります。オミクロン株はインフルエンザと似た特徴で、感染力は強いが急速に収束する可能性を有していると云われています。1月末が期限とされている「まん延防止重点措置」は延長の様相ですが、収束傾向が今後も続くことは間違いないと期待されています。3月中旬の「農水産業支援技術展 沖縄」では、感染対策を万全に実施の上、出展者、来場者の皆さまをお迎えいたします。