バイオガスで創る共生圏

2階201会議室
13:30~14:00
バイオマスリサーチ(株) 代表取締役
菊池 貞雄 氏

略歴

■講師略歴
1957年2月  帯広市に生まれる。
1981年3月  立命館大学産業社会学卒業
2012年9月  帯広畜産大学大学院畜産衛生学専攻博士課程修了、畜産衛生学博士。
1991年3月  北王コンサルタント株式会社入社、農村づくり部署を設立し地域振興策策定に携わる。
2007年4月  同社退社。
2007年4月  バイオマスリサーチ株式会社設立(当時北海道バイオマスリサーチ株式会社)代表取締役に就任
2012年9月 帯広畜産大学大学院畜産衛生学専攻博士課程修了、博士(畜産衛生学)
2017年11月 バイオガスエナジー株式会社設立、取締役副社長に就任。
2020年7月  株式会社ビオストック設立、取締役副社長に就任。

■主な役職
ソーシャルファームジャパン常任理事、NPOコミュニティシンクタンクあうるず理事、NPO日本ロングトレイル協会理事、 立命館大学校友会常任幹事、北海道バイオガス研究会幹事、再生可能エネルギー振興機構理事など

内容

有機廃棄物を資源とした「バイオガス」事業は家畜糞尿処理を解決する手法として、取り組みが始まった。FIT制度の拡充とともにエネルギー事業としての側面が強調されてきたが、エネルギー事業からの視点だけでは失敗事例も見あたる。コンセンサスを確保できる広範なコンサルティングにより、地域全体に経済循環を促す仕組みづくりが重要である。