脱炭素化社会に向けた海藻養殖技術の開発

2階203会議室
15:00~15:35
琉球大学 工学部 学長補佐・教授
瀬名波 出 氏

略歴

<主な学歴>
1991年 琉球大学工学部エネルギー機械工学科 卒業 
1993年 琉球大学大学院工学研究科機械工学専攻 修了 修士(工学)
2001年 名古屋大学 博士(工学) 論工博 博士(工学)

<主な職歴>
1993年 琉球大学工学部エネルギー機械工学科 助手
2006年 琉球大学工学部機械システム工学科 助教授
2015年 琉球大学地域創生機構・産学連携部門 研究支援系長
2018年 琉球大学工学部工学科エネルギー環境工学コース 教授 (現在に至る)
2019年 琉球大学地域創生機構・産学連携部門 知的財産系長
2020年 琉球大学 学長補佐(産学官連携部門担当) (現在に至る)

内容

脱炭素化社会に向けてC O2溶解海水を利用した炭素回生システムの開発を進めている。本システムはまず排気ガス等に含まれるC O2を気体溶解装置を用いて分離・回収する。次にC O2溶解海水を海藻培養に用いて海藻の光合成を活性化させる。最後に培養した海藻の水産資源化やバイオ燃料化を図る。この中で特に海藻培養においては海水中の流れ速度及びC O2濃度に着目し、P I V測定法を用いることで海藻周辺の流れが海藻の成長に与える影響を明らかにした。