途上国(ラオス)における6次産業化の実践

14:00~14:40
生活協同組合コープおきなわ 理事長スタッフ
石原 修 氏
D会場

略歴

沖縄県21世紀ビジョン策定委員会委員
内閣府認定 地域活性化伝道師
全国商工会専門家
農林水産省6次産業化ボランタリープランナー、など

内容

JICA草の根案件でラオスにお酒の工場を建設し、その運営を協同組合方式で行うプロジェクトのリーダーを務めています。その他、中学生と総合学習の時間を使い商品会授業を各地で行っています。(新潟県、滋賀県、沖縄県各地)その中から、実践例を中心に報告します。